時間をかけた施術で、再発のリスクも引き下げます

1回の治療に時間をかけ、通院を2、3回で終了させます。

時間をかけた治療

「施術が早ければ早いほど、腕のいい歯医者」

そう思っている方は意外に多いようです。でも歯科医師からすると、その判断はちょっと間違っていると言わざるをえません。

歯は体の中でも比較的小さいパーツです。しかもその内部構造は複雑で、患者さん一人ひとりによって異なっています。そのため治療をしようとすると、どうしても時間がかかってしまうのです。

歯科治療は途中でやめられない
たとえば1人の患者さんに治療時間を30分とっていたとしましょう。施術中に「時間がきたので今日はここまで」と途中で終わらせることができるでしょうか。そんなことをしたら、せっかく治療した歯が悪化してしまう可能性も出てきます。

では1回の治療が30分以内に終わるように、何回にも分けて治療を行う歯科医院はどうでしょうか。それでは通う回数が増えるほど治療間の再感染リスクが高まりますし、患者さんの負担も増えてしまいます。しかし施術の途中だからといって、予定していた時間を超えて治療を続ければ、そのあとの時間に予約を入れていた患者さんすべてに影響が出てしまいます。

時間をかける理由

時間をかけた治療当院ではしっかりと治療ができるよう、1人の患者さんにかける時間を長く取っています。平均すると大体1回に1時間以上。そのため歯の根の治療であっても、2~3回の通院で終わります。

特に当院で行っている歯内療法は、歯の内部の除菌が主な治療となります。治療の途中で新たな細菌が入ってしまっては治療が進まなくなってしまいます。そのため時間をかけた施術と清潔操作が不可欠となるのです。

カウンセリングの時間もたっぷり
また当院では、患者さんのご希望をしっかりお聞きするため、カウンセリングも大切にしています。もちろん治療内容についてもできるだけわかりやすくご説明しています。患者さんが病状や治療内容を把握することで、治療への協力体制の構築と効率を考えた治療が可能となり、再発のリスクを引き下げられると考えるからです。患者さんとドクターが同じ目的に向かい協力しなければ治療もうまく進みませんし、再発する可能性も大きくなってしまうのです。

患者さんご自身が納得して治療に臨まなければふさわしい治療はできません。患者さんがご自分の歯と長く付き合っていくためにも、当院は可能な限り作業に必要な配慮を行います。

ラバーダムを用いて感染リスクを軽減します
歯内療法(根の治療)の際にはラバーダム防湿を行います。歯の中へのだ液などの侵入を防ぎ、細菌の感染リスクに配慮しコントロールします。

ラバーダム防湿についての詳細はこちらの動画をご覧ください。(youtube動画)

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談下さい

お気軽にご相談ください

お問い合わせ