ペンシルバニア大で生まれた歯内療法をお届けします

当院が行っている歯内療法は、アメリカのペンシルバニア大学歯内療法学科で生まれた世界で認められている治療法です。当院の院長は、日本に正しい歯内療法を広げるために尽力されている石井宏先生に師事し、たくさんの症例で経験を積んでいます。

確かな技術

「歯内療法」とは、アメリカのペンシルバニア大学で生まれた最先端の治療法です。ベンシルバニア大学はアメリカで最初に医学部を設置した大学。日本での東京6大学のような、アイビーリーグと呼ばれる名門校のひとつでもあります。

アメリカは、歯科治療の研究が進んでいる国として知られています。その中でもペンシルバニア大学は、世界で最初に歯内療法学科が生まれたところで、一般的に行われている歯内療法と外科的歯内療法の両方を学べることで有名です。

そこから生まれた最先端の歯内治療は「University of Pennsylvania Department of Endodontics Endodontic Program」と呼ばれるメソッドとして世界中に広まっています。

アメリカの最先端の研究成果を治療に取り入れる
日本ではまだ行っている歯科医院の少ない歯内療法。しかし当院の院長は「できる限り歯を抜かず、自然の状態を保つ」というその目的に共感し、いち早く治療に取り入れようと日本で歯内療法の第一人者といわれている石井宏先生に師事しました。

さらに院長は、ペンシルバニア大学が行っている研修過程「University of Pennsylvania Department of Endodontics Endodontic Program in Japan(PENN ENDO STUDY CLUB IN JAPAN)」に合格。2013年にすべての研修を終了し、2014年にはPESCJ認定医を取得。また更なる研鑽を継続しております。

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談下さい

お気軽にご相談ください

お問い合わせ